論文採用率向上!!論文に強い英語添削会社の特徴

学術研究論文を英語で作成する際に気を付けなければならないのは、記述した内容を英語で的確に表現できているかというところです。内容が充実したものであっても、英文ライティングの方法がわかりづらかったり、初歩的な英文作成にミスがあった場合、せっかくの研究論文が却下されてしまう、ということも珍しくありません。そのようなことを避けるために初歩的なミスの校正に加えて、研究論文向けの英文添削をおこなうことをおすすめします。

論文の専門分野に詳しい添削者が英文添削をおこなってくれる

専門的な英文ライティングをおこなう必要があるときに、気を付けたいのが文法ミスや初歩的なスペルミスなどではないでしょうか。特に専門的な論文を英文で作成しなければならない場合は、専門性の高い言い回しも多くなるため、「どの箇所がわかりにくい英文になっているか」添削してほしいと考える人も多いのではないでしょうか。論文の専門分野によって校正スタッフがいるところを選んでみても良いかもしれません。専門分野の英文添削は専門知識のある添削担当者に依頼することがやはり安心できるものです。専門分野ごとに知識を備えている添削スタッフが論文を英文添削することによって、的確な指摘を受けることができるでしょう。英語の使用経験が少ない場合でも、その道に詳しい添削者に依頼することによって、論文の中身が伝わる英語論文が執筆できるといえます。添削スタッフの英文添削の質が保たれるように人材管理もおこなわれているため、論文を作成する機会が多い場合でも、英文添削の質が保たれるといってよいでしょう。

ダブルチェック体制での英文添削で論文採用率アップ

論文ともなると長文である場合が多いため、一度の英文添削で修正が必要な箇所を見落とすこともあるかもしれません。そのような問題を避けるために、ダブルチェックの校正をおこなっているところに依頼すると、より確実な英語論文が仕上がると期待できます。長文ともなると、前後の意味のつながりや、文法上の適切な使用などを一度の校正で完了してしまうよりは、ダブルチェックなど複数体制で校正をおこなってくれる方が安心だと思いませんか。また、アフターフォローもおこなっているところの場合、何度でも修正箇所についてのやりとりをおこなうこともできるため、気になる英文添削箇所については後日までやりとり可能です。丁寧な添削体制が整っているといえます。そのため完成度が高い英文になり、論文の質が保たれ、内容も理解しやすいものとなることで、採用率も上がることが期待されます。自分でライティングした内容の質を生かす校正や修整などを加えてくれるといえます。

ネイティブが専門分野の論文向けに英文添削してくれる

校正を担当するのは専門分野の知識に長けたネイティブの担当者であるため、英語の言い回しについてもネイティブで通用するように、スマートな言い回しになるように英文添削をおこなってくれます。また、英文添削のキャリアも長いネイティブの担当者である場合、専門性や英語論文の添削についても信頼して依頼することができます。アメリカ英語とイギリス英語から選ぶことができると、さらに自分の学術研究論文の目的に合わせて作成できるためその点も活用してみてはいかがでしょうか。専門分野の中でもさらに詳しい担当者を選定し、英文添削をおこなってくれるため、研究分野にふさわしい言い回しに修正してくれることでしょう。説得力のある言い回しに変えることで、専門分野に対する専門性を表現できるため、そのようなサービスの英文添削を受けるのもおすすめです。日本語でも同様のことがいえますが、論理展開を意識したライティングになるように英文添削を受けることによって、論旨がわかりやすく採用率が上がることが期待できるでしょう。

この記事をシェアする