【学生必読】英語の自由英作文を上達するためには

日本語で書いた文章を英語に訳してみるということをしてみると、案外難しいことがわかります。これは日本語の文章構造と英語の文章構造がまったくちがうことも理由の一つです。

日本語で育ってきた方にとっては、英語の文の作りは馴染みのないものになります。英語と日本語の文法の違いをを理解していくことで、ライティングの技術を向上させていくことができます。

自由英作文では何が問われている?

自由に英作文してください、と言われても困ってしまうという方がいるかもしれません。今まである程度英語を勉強してきたという方でも、自由にと言われると戸惑う場合が多いです。多くの英文を読めるとしても、それを書くとなるとまた違った訓練が必要になっていきます。もちろん多くの英文を読んでおくことは重要ですが、その英文を読むときに、その表現をどういうときに使うのか、どういう応用ができるかを考えておくこともライティングのときに役立ちます。

さらに、日記を英語でつけてみるというのもライティングの勉強になります。日本語で文章を考えられても、英語でどう表現していいかわからないときに、初めてどのような表現を使えばいいのか調べられますので、ライティングの考え方も一緒に学ぶことができます。

日本語の作文との違いを把握しよう

英語でのライティングの勉強を進める際に、日本語の構造とのあまりの違いにつまずいてしまったという方もいると思います。文化が違えば、当然使う言語にも違いが出てくるものです。日本語では一言で表すことのできるものが、英語ではできないことがあります。

日本人の感性でいくと使い方を間違いやすい傾向にある英語表現などもありますので、それらを理解して勉強を進めていく必要があります。とはいえ、日本語と英語がまったく違うものであると開き直って考えることが出来れば、英語の勉強もスムーズに進めることが出来ます。日本語にもその言語特有の良さがあるように、英語を話せるようになれば、世界のある程度の人とは話せるようになれるといったような、勉強することのメリットが見えてくるものです。

簡単な英語で作成しよう

ライティングの技術をあげるために大切なことは他の人の文章を多く読んでみるということですが、最初のうちは読みやすく簡単な文章を多く読んでみることをおすすめします。最初から難しい文章ばかり読んでいますと、自分のなかのハードルが上がってしまい、逆になにも書けなくなってしまうということがあります。

自分が書く場合にも、最初はそれほど難しい文章を書く必要はないのです。本などを読む場合にも、最初から小説などを読む場合ですと辞書を引きながら解読していくような読み方になってしまいますので、最初は絵本などの短くて簡単な文章からはじめてみるのが良い方法です。

ある程度ライティング技術が上がっていきますと、気の利いた文章を書こうとして逆に読みにくかったり、難しい文章になってしまったりする場合があります。多くの人に読みやすい場合は、簡単な単語を使った文章であることが多いのです。

まとめ

海外留学をしていた人であってもライティングが苦手という人はいます。話し言葉と書き言葉がちがうのは、日本語に限らず、英語にも言えることなのです。しかし、苦手だからといって敬遠せず、練習していけば確実に力は伸びていきますので、毎日の勉強の積み重ねが大切になってきます。

この記事をシェアする