英文添削はどういう人が担当しているのか

英語の初心者であればあるほど、英文添削に対して疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。英文に対して自信がない分、添削されたものを見ても「これで本当に合っているのだろうか?」と疑ってしまうかもしれません。実際には、メールなどでやり取りするだけなので、どういった人が添削してくれているのか分からないところも不安要素のひとつだと思われます。では、英文添削はどのような方が担当しているのでしょうか。

ほとんどネイティブスタッフが担当

どこの英文添削業者も、ネイティブスタッフを雇っていることがほとんどです。アメリカ人、イギリス人やカナダ人などの外国のスタッフが多いことが特徴です。やはり、「英文」なので英語についてはプロ中のプロであるネイティブでなければ正しく添削できない場合があります。添削や校正をすることが主な仕事なので、それらをわきまえながら丁寧に添削してもらえます。いくら英語が上手であると聞いても、英語圏外の方に添削してもらうのは若干の不安があるでしょう。その辺は英語専門のネイティブスタッフが担当しているので、安心して依頼できます。しかし、簡単な英文のみであれば何も問題ありませんが、英文添削を利用する方々の中には専門職に就かれている方も多く、仕事に関する専門的な添削依頼も数多くあるのです。そうなると専門用語や単語も増えるでしょうし、何よりその分野に詳しい方でないと正しく添削できない場合もあります。その場合でも安心なのでしょうか。

専門分野の英文添削は大丈夫?

今はどの企業でもある程度英語が必要ですが、特に難しい英文を求められる専門職としては、やはり医療分野が第一に挙げられると思います。医学は日々進歩していますし、日本人が独自で開発した技術や薬品なども数多くあります。それを世に広めるために英文で論文を発表する機会などが医学界には多くあるのです。医学以外にも、物理や科学などの専門分野、経済学のようなビジネス専門の分野もあるでしょう。また、大学教授や学生などが研究論文を英文で発表したい場合もそれなりの専門知識が必要になるでしょう。その辺りはやはり経験値がある程度ないと添削は難しいかもしれません。しかし、その課題もクリアしている英文添削会社がほとんどなのです。

専門知識も兼ね備えたネイティブスタッフが担当

まず、正しく英文を添削するには、単に「英語を話せる」だけでは務まりません。先程述べたような専門知識を持ちつつ、添削経験も必要になってきます。会社によっては、そういった専門分野の利用者に合わせて、博士号や修士号を取得しているネイティブスタッフを担当させているところもあります。専門職の方々が英文添削を利用する主な目的は論文がほとんどです。論文には専門用語が多いですし、論文を執筆したことがある経験者や専門知識を持ったスタッフが多ければ多いほど、添削チェックはスムーズに進みますし、間違いなども起こりません。英文添削の料金は、会社によっては高めに設定されているところもあります。しかし、そういった会社はスタッフの人材を重視しているところがほとんどですので、安心してお任せできるでしょう。

このように、英文添削は安心して任せられる業者であることが理解できたと思います。ホームページ上に、添削スタッフを紹介している会社もあるので、担当者を気にする方はそういった案内も確認してみるといいかもしれません。オンライン上のやり取りであっても、添削作業や校正作業というものには責任が付きものです。その責任を果たすためにプロのネイティブスタッフが多く雇われています。利用する側もそのことを理解した上で申し込めば、不安に思う気持ちも減ります。迷っている方は是非トライしてみましょう。

この記事をシェアする