ビジネス英語を英文添削する手段を比較

学生時代に何年も英語教育を受けたのに、なぜか日本人は実用英語が苦手です。社内の使用言語を英語にしてしまう企業もあるのに、いまだにビジネス英語のハードルは高いまま。

そんな時は、添削サービスを利用すると良いでしょう。専門業者、ネイティブスピーカーに直接依頼する、無料のアプリでチェックするなど、書類の重要度と資金により、チョイスが変わってきます。各サービスの違いについて見ていきましょう。

ネイティブチェックによる英文添削のメリットとデメリット

ネイティブチェックをおこなう人の経歴をみると、様々な専門分野の大学教授、文章を扱うエディターやジャーナリストなどのプロフェッショナルが揃っており、英語が母語というだけでなく、高い専門知識を備えていることがわかります。学術論文の添削や校正、専門知識が必要な文書などは、ネイティブチェックに依頼するのが良いでしょう。1人だけの校正ではなく、複数人でチェックをおこない、より精度を上げた校正作業をおこなうところもあります。

また、単純な校正だけでなく、書かれている内容に対してコメントをもらえることもあるそうです。精度が高く、解答スピードも早いサービスですが、専門性が高いだけあり料金が高額なので、重要度が高い文書や、急を要する場合に利用すると良いでしょう。

専門会社による英文添削のメリットとデメリット

専門会社によるサービスは、料金体系が明確で、解答が早いメリットがあります。無料トライアルや、文章1行を数百円から対応してくれる気軽さもあり、公式な文書やミスをしたくない取引先への文書などを依頼するのが良いでしょう。ネイティブチェックに比べると専門性は高くありませんが、幅広い分野に対応可能で、低価格とスピードが魅力です。

ビジネス文書だけでなく、あらゆるジャンルの英文を扱っているので、プライベートで利用することもできます。また、長期契約を結ぶと、普段のチェックだけでなく、1カ月に1回程度、英文全体に対するコメントを送ってくれるので、ビジネスツールとして利用するだけでなく、スキルアップにつながるサービスをおこなう会社もあるようです。

無料のアプリや翻訳サイトによる英文添削のメリットとデメリット

無料の翻訳アプリや英文添削サイトは、利用する側がどこまでのレベルを求めているかによります。サービス内容としては、スペルミスや文法ミスを示して、正しい文章となるような語順や単語が併せて表示され、無料といえど基本的な機能が備わっています。辞書機能や、類語を探すことができるサイトもあり、日常的な業務メールや、重要度が高くない文書のチェックを気軽におこなう程度なら十分です。

注意すべき点は、プログラムで自動チェックをしているサービスなので、文意の取り違えや、元の英文の間違いからまったく違う意味に直されてしまうなど、人間がチェックする際には起こりにくいエラーが発生することもあります。あくまでも無料ですので、自己責任の範囲で利用することをおすすめします。

まとめ

ビジネス英語の添削は、利用する側が求めるレベルにより、利用先が変わることがわかりました。専門性が高い文書や学術論文ならネイティブチェック、重要なビジネス文書なら専門会社、日常的に気軽に利用するなら無料サイトやアプリと使いわけることで、ビジネス英語に悩まされるコストや時間を削減できます。シーンに合わせたチョイスをおこない、グローバル社会を上手に生き抜く、スマートな業務の進め方を身につけてください。

この記事をシェアする