英単語のアクセントは覚えておくべき?

英単語にアクセントがあることは、英語を少しでも習った方であれば知っていることだと思います。しかし、アクセントをつけることで意味はあるのか、どんな役割を持って強弱をつけるのか、理解している方は少ないでしょう。

抑揚のない話し方が主流の日本人にとって、大げさに強弱をつけて話すことは少し恥ずかしく感じる方もいるかもしれません。英語を話す上でアクセントはなぜ必要なのか、どんな役割を持っているのかをそれぞれ説明していきたいと思います。

英単語のアクセントにはどんな役目があるのか

日本語には強弱をつける習慣がないと先述しましたが、言葉尻が上がったり下がったりすることはよくあると思います。それは方言の違いであったり、その人独特の言葉のリズム感だったりします。意識してるわけではなく、自然にその話し方になっているという方がほとんどではないでしょうか。

英単語でのアクセントというのも、英語を話す人にとってはごく自然なことなのでしょう。しかし、ごく自然なことである分、英語に慣れていない人がアクセントの位置を間違えてしまったり、抑揚なく話してしまうと正しく伝わらない可能性があります。

アクセントには幾つかルールがありますが、一番良い方法はネイティブの英語を何度も聞いて覚えることです。アクセントは正しく言葉を伝えるための手段です。何度も聞いてまずは耳で覚えましょう。

アクセントをつけることで得られる効果

日本人が英語を話す際、大抵の人がつまずいてしまうのは、ネイティブのように話すことではないでしょうか。せっかく発音やアクセントを正しく覚えても、恥ずかしいという気持ちが先立ってしまい、ついいつもの日本語のように抑揚のない話し方をしてしまう、その結果思うように上手く伝わらない、なんて結果になってしまう日本人が多いようです。

アクセントに限らず海外の方はリアクションも大きいし、話す時も表情や手を使って感情を豊かに表現します。どうも日本人特有の恥ずかしさがそこで出てしまうようですね。しかし、先程も述べた通りアクセントを付けずに話してしまうと重要な部分が伝わらなかったり、リズム感なく淡々と話すとそれだけで興味を持ってもらえず話すら聞いてもらえない可能性もあります。上手に伝えたいのであれば、アクセントは必須です。

理屈に頼りすぎず、感覚で覚えることが大事

アクセントには幾つかのルールがあると申し上げましたが、そのルールだけを頑なに気にしていては上手く話せません。やはり正しいアクセントを学ぶには何度もヒアリングを続けて自然に身に付けることが大切です。そうすることで意識をしなくても感覚で覚えて話せるようになるでしょう。

日本人は性格が真面目なことで有名です。ルールやマニュアルがあるとどうしてもそちらで確認したくなるものですが、話すという行為は日常的なもので誰でもごく自然に行うことです。いちいち理屈やルールを気にしていては、疲れてしまいます。そして恥ずかしさを捨てることも大切です。郷に入れば郷に従えということわざとは少しニュアンスが違いますが、英語を話すならネイティブを意識して流暢に話してみましょう。

まとめ

何となく日本人が毛嫌いしそうな英単語のアクセントですが、上手に伝えるためには必要だということを理解いただけたと思います。単語だけに限らず、英語にはリズムがあります。何を強調して伝えたいのか、どんな意味を込めて話しているのか、リズム感とアクセントを付けることで分かりやすく伝えようとしているのです。英語を少しでも上手く伝えるため、という認識を念頭に置いておけば、自然と話せるようになるかもしれません。

この記事をシェアする