研究分野によって英文添削の方法は違う?

研究をしている方は日本にも世界にもたくさんいらっしゃいます。しかし、論文は英語で書かれ、英語で発表する事がほとんどです。しかし、日本人は英語が得意な人はそれほど多くはありません。さらに、研究をしている人には、英文に直すという時間もそれほどありません。英語に直す時間があればもっと研究したい!なんて思う方がほとんどでしょう。そんな中で、研究者の方にとって画期的なサービスがあるのです。

研究分野ごとの特徴

ここでは、研究分野ごとに英文添削する際に何か特徴的なものはあるのでしょうか、という問いについてお話ししていきたいと思います。

実際に日本語で書かれた論文を読んでいても単語の使い方や専門用語、文章の書き方や数式なども人によって異なります。そのような違いがあっても論文は添削できるのでしょうか。現実問題、それはとても重要な問題ですよね。そのように、同じ分野でも様々な表記方法があり、分野が異なるとさらに違いが明確になります。

そのような違いは研究をしているうちは必ず出てきます。その違いをはっきり示してもらわないと、研究してきたことが無駄になってしまうかもしれません。それを完璧に対処してくれる会社をこの後にご紹介していきたいと思います。

信用できる英文添削会社

ここでは論文の英文添削の際に利用できる信用できる添削会社をご紹介していきたいと思います。「e-usaco 学術論文投稿支援サービス」という会社をご紹介していきたいと思います。この会社は、「ユサコ」という論文作成支援のサービスと「エディテージ」という論文投稿サービスというサービス同士の組み合わせからなっている会社です。その為論文を添削するのに最も適している会社だと思います。

さらに、この会社のいい箇所をご消化していきたいと思います。まず、当たり前のことですが品質やセキュリティの面に関しましてISMSの認証を取得しており、間違いなく信用する事が出来ます。さらに、納品(英文添削)の速さが業界の中でも早い方なのです、論文を書くまでには年単位での時間が必要で、発表までに時間がない!なんて方にもおすすめとなっています。

専門用語もお任せ!

ここでは、上のページで挙げた会社についての補足のような内容にはなってしまいますが、専門用語もお任せ!という理由について書いていきたいと思います。この会社(e-usaco 学術論文投稿支援サービス)には、博士号や修士号を持っているスタッフが英文添削を担当しています。

さらに、ハイレベルなネイティブの方や英語を使って出版した経験のある方や、校正の経験がある方がほとんどの割合を占めるので、他の会社よりもはるかに英語に自信を持って行っています。そのような点でも、論文の英文添削を任せるにも適していると思います。さらに、ほとんどのスタッフが博士号や修士号を取得している為、専門的な用語も理解していることも利点の1つです。

まとめ

ここまでで、英文添削をしている会社が行なっている専門的な用語を使っての添削の特徴などについてお話ししてきました。いかがでしたでしょうか。何か参考になるようなものはありましたでしょうか。実際に論文を書いた事がある方は速さや正確さが何よりも需要だと実感されていると思います。

そのようなニーズに応えることができる多くの会社のうちの1つをご紹介しました。ここで紹介させていただいた会社以外にも多くの会社が同じようなクオリティで業務を行なっています。ご自身の要望や研究内容によって、ご自身にあった英文添削の会社を見つけてくださいね!

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。