英文添削してくれるサイトの利用方法

英文を作る機会は年を重ねるごとに増えてきました。中学校からどんどんと増え、大学では論文も英語で書かなくてはなりません。そんな時、英文添削をしてくれるものがあれば、便利ですよね。もし、自分で英語の文章や小説を書いてみたい、なんて人はいるかもしれません。そんな人に必見です。英文添削をしてくれるアプリやサイトが世の中にあるのです。しかもそれは無料で使えることが多いのです。どのようなサイトがあるのか、どのような使い方をすれば良いのかなどを含めてご説明していきたいと思います。

英文を添削してくれるサイトとは

ここでは、英文を添削してくれるサイトをご紹介します。英文を添削してくれるものは世の中にたくさんあります。その中でもどのようなものがいいのか、についてお話しします。

「Cambridge English Weite & Improve」をご紹介します。使い方は、とてもシンプルで、英文を書いて、英文を入力するとすぐに反応があるので、とても便利です。添削してくれる会社に頼むと1週間ぐらいはかかってしましますが、ここでは一瞬でレスポンスを返してくれるので急いでいる時などには、最適です。

このようにサイトの特徴としては、最短の時間で的確に添削を返してくれるところにあります。しかし、欠点としてはデータを更新しないと古い情報のままで止まっているので一定期間でデータを更新しなければなりません。ユーザはそのようなことにも気をつけて使わないと、なんのことを話しているのかがわからない文章になってしまいます。

場面に合わせて使いこなそう

サイトによっては、初心者、中級者、上級者という風にランクが分けられているものがあります。それぞれにあった自分の英語のレベルを選びます。その際に、書き方の指導などがされ自分にあったレベルの英文を書くことができます。そうすることで、自分の英語力も上がること町がなしです。さらに、そのレベルに合わせた添削がされるので自分でもその文章が書けるようになります。

オススメサイトをご紹介

先ほどご紹介した「Cambridge English Weite & Improve」以外の英文添削サイトのご紹介をしていきたいと思います。

「Ginger Page」という名前のサイトをご紹介していきたいと思います。これは英文を作成した後、簡単に添削してくれるものとなっています。App Store, Google play, Office, safari版, Chrome版と様々な媒体で使うことができるものとなっています。色々な媒体で使うことができるのはありがたいですよね。

さらに辞書機能や翻訳、類語検索など、英運の添削以外にも幅広く使えることが特徴です。また、スペルミスをしたところもチェックして回答を返してくれるので、自分がどこを間違ったのかなど知ることができます。

まとめ

ここまで、英文添削ができるサイトをご紹介してきました。しかし、今回紹介したのはほんの一例です。さらにアプリや会社などと同じくらいに数があることがわかりましたね。その中でも便利なものやあまり使用方法が簡単ではないものなど、様々です。その中で自分にあっているものや、自分が今どのように添削したかなどと照らしあわせて自分にあっているものを見つけてください。英語添削のサイトを利用して、うまい文章が書けるように頑張ってください!

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。