英文添削している会社に入るのに資格はいるのか?

英語を使う機会は、年を追うごとに様々な職業に増えて来ています。そんな時代ですから、英語でのプレゼンテーションをすることになるかもしれません。そんな時に英文を添削してくれる場所があればいいですよね。そのような会社に勤めている人は、英語が堪能なのは当たり前ですが、何か特別に資格を持っているのでしょうか。このサイトではそのような疑問を解決できるような答えを含めて英語に関する資格をご紹介していきたいと思います。

英語に関する資格

ここでご紹介するのは、英語に関する資格です。英語に関するものといえば、英語検定やTOEICやTOEFLなどたくさんのものがありますよね。ここでは日本人の多くが取り組んだ経験のある、英語検定についてお話していきたいと思います。英語検定、実用英語技能検定は短時間で日常会話を話せるようになる力が身に付きます。

英検の試験を受けることで、自分の英語のレベルがはっきりとわかります。階級ごとにどのような勉強をすればいいのかがテキストにも書いてあるので、一目瞭然です。英単語を覚えたり、リスニングで英語に慣れたりと様々な学習を行うことができることもメリットです。英語を話すことの土台となるのは単語がどれだけ身についているのか、ということなので英検の勉強をするうちに土台が出来上がっているのです。

英文添削に必要な英語の資格とは

ここでは、ある英文添削会社の募集要項に記載されている条件を参考にご説明していきたいと思います。まず、必要となっているスキル(資格)は、英語検定1級以上、TOEIC(R)が900点以上というものです。想像していたよりも資格のレベルが高いとは思いませんか?そうなんです。実際に英文添削している会社で働くためには、英語の文章を美しく意味の正しい文章にしないといけないので英語のスキルがとても重要になってきます。

そのため、このくらいの英語のスキルが必要になるのです。英語検定1級はどれくらいのレベルなのでしょうか?英語検定1級は、どのような場面でも英語が使いこなせるというレベルです。日常会話でもビジネスの場面でもどんな場合でも通用する英語のスキルがある人が英語検定1級に合格します。そのようなレベルの高い資格が英語検定1級なのです。実は、英語検定1級を取得するのは、TOEICで900点を出すよりもはるかに難しい試験なのです。

取得しておいた方が良い資格

ここでは、英文添削をしている会社に勤めたいと思っている方が、取得しておいたほうがいいという資格をご紹介します。先述べたように英語検定1級またはTOEIC900点以上がボーダーラインとなっていましたね。なので、お勧めしたい資格は、英語検定とTOEICです。日本ではどちらも年に何回も受験する機会があります。そのような機会を十分に利用して取得を目指してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまでで、英文添削の会社に勤めるためにはどのような資格が必要になってくるのか、ということについてお話してきました。いかがでしたでしょうか。実際には、とても求められているレベルが高いことがわかりましたね。様々な文章を添削することが求められている英語添削のお仕事。

そのようなお仕事をしてみたいと思っている方は、ぜひ英語検定やTOEICの受験に挑戦してみてください!英語なんか嫌い、なんて人も一度受験してみてはいかがでしょうか。受験のための勉強でもしないよりはましですし、必ず英語の力はつきます!

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。