経済学の英語論文にはどんな特徴があるのか

学生や医師など様々な分野で研究を重ねている人たちは、その研究で得られた成果を論文という形で発表することになります。そもそも論文とはどのような形態のものを指しているのでしょうか?そこにはコラムや感想文とは違う独特のルールが存在しているようです。

論文と呼ばれている文章の特徴や注意するべきことについても見ていきましょう。

構成にも独自のルールがある

経済学の論文を作成する際には、一定のルールに従って読みやすい文章を目指す必要があります。たとえ画期的な内容を打ち出していたとしても、体裁が整っていなければ立派な作品として成立しているとは認めてもらえないからです。

一般的には客観的事実に基づいた問題提起から始まり、具体性を高めて内容を充実させるために既に立証されている概念について触れてみたり、持論を裏付けるようなデータをはさんだりしながら考察や分析を行い、その結果から導き出した自分なりの主張を論じて、どのようにしたら問題解決に至るのかをまとめるというものが多いのではないでしょうか。

もしもこの過程で文献を参考にしたり引用したりすることになった場合には、根拠となったものを明らかにしておく必要があります。文献などを参考にする際は、盗作と間違われないように配慮することも重要なルールのひとつと言えるでしょう。

他の論文にはない特徴とは

研究してきたことを論文にまとめて全世界に向けて発表するということは、分野を問わず研究者にとってとても意義のあることではないでしょうか。既存の概念にとらわれない新しい分析結果や見解を発表するという基本的な目的はみな同じでも、経済学における論文の場合は特に専門的で高度な分析技術を要するという点において他者とは異質なものであると言えるようです。

経済学というものは、社会情勢などの影響を受けながら刻々と変化し続けている経済というものを対象とした学問です。新しい見解をテーマにかかげ論文を作成しようとするなら、十分な国語力と豊富な表現力をもって読み手を納得させるに足りる論理を展開していく必要があるのです。

こうした特徴を持つ経済論文の英文添削を依頼する場合には、その専門性の高さから添削費用が高額になってしまうことも覚悟しなければならないようです。

分かりやすさが何より重視される

まずは「誰に対して」書くのかを意識することが分かりやすい論文を書く秘訣だと言われています。経済学について明るくない様な世間一般の人に対しての分かりやすさが求められているのか、専門的な知識を持っているような人に対しての分かりやすさなのかによって、表現方法や用いられる語句が異なってくるでしょう。

分かりやすい文章にする為には、論文のタイトルを抽象的なものではなく内容に即した具体的なものにするべきだと考えられているようです。端的に内容を表現するようなキーワードが含まれていれば、ネット検索を行った際にも検索エンジンで抽出されやすくなるからです。

内容について言うならば、論文にユーモアは必要ありませんが、表現力はかなり重要です。論文の一番の目的は分かりやすく主張を伝えるということだからです。時々、同じ表現を避けようとするあまり指示語がたくさん含まれていることがありますが、そうした文章は誤解を招く原因となってしまうこともあります。

最後に全体をきちんとチェックすることでスッキリとした分かりやすい論文に仕上げることができるでしょう。

まとめ

世界的に認められるような論文を発表したいと思ったら英語で作成する必要があるようです。
世の中には翻訳ソフトというものがあるので日本語で論文を作成したとしても世界中で読んでもらうことが可能だと思います。しかしその場合には自分が意図していたこととは違う内容で伝わってしまうかもしれないのです。そのような事態を防ぐためには初めから英語で論文を作成しておいた方がいいでしょう。

そして作成する際には英文添削サービスなどを利用しながら論点が矛盾していないかをしっかりと確認し、専門性の高い経済学の論文が誤解を招くことのないように気をつけてください。

この記事をシェアする