実際どうなの?英文添削のバイトの実態

世界の共通語である英語の需要がさらに高まりつつある昨今では、色々な文章を英語で表現する能力が欠かせなくなってきました。そのため学生が作成した論文を添削して誤りを正したり、海外支社へ送る社内の文書を正確な内容が伝わるように修正したりするための作業を請け負うという英語力に長けた人材が求められる世の中になってきたというわけです。

そのような作業なら自身の都合に合わせて在宅で行うこともできるので、本業とかけ持ちで従事するというような人も増えているようです。

気になる英文添削バイト代の相場

バイトとしての英文添削には進学塾などで中高生などが書いたものを正しい英語表現に直すというものや、専門の業者に登録してメールで送られてくる英文を添削するものなどがあります。

英文添削をする状況に応じてバイト代の算出基準は異なってくるようです。塾などで英文添削をする場合、一般的には時給1500円ぐらいのバイト代が支給されることが多いといいます。このバイト代には生徒に対する指導料も含まれているので、責任を持って堅実に業務をこなすことが求められるでしょう。

その他の英文添削の場合は1文字あたり2.3円というのが平均的な報酬額のようですが、中には500文字で1000円などという風にひとまとめにして報酬が計算されることもあるようです。依頼されてくる英文の中には専門性の高い内容のものも含まれているので、そのような場合の報酬額については難易度に見合った金額が設定されることになっているようです。

どれくらいの英語力が求められるのか

バイトとして採用してもらうためにはそれを証明できるような根拠があった方がいいでしょう。ではどの程度のスキルがあれば認めてもらえるのでしょうか?

同じ英文添削のバイトでも塾や英会話教室で生徒に対して行う指導を含んでいるようなケースは基準が厳しくなってくるようです。それは人の前に立って指導するということの大変さを物語っているのかもしれません。TOEICが950点以上であることや、英語検定の1級程度の英語力を持っていることが条件になっているようです。

これに対して在宅で英文添削を行うようなバイトなら、TOEICの得点が900点以上あれば認めてもらえるようです。ただし様々なジャンルの文書を扱うことになるこちらのバイトには社会人としての経験が必要になることもあるといいます。

いずれにしても重要なことはどのような人を相手にしても日常的な英会話に差し支えがなく、正確に自分の意図していることを伝えられるような英語力を持っていることが重要だということではないでしょうか。

英文添削のバイトは競争率が高い!?

英文添削のバイトは在宅勤務が可能なので、すき間時間を利用して働くことが出来るのが最大の魅力と言えるでしょう。そのため外に出て働くことが困難な人やダブルワーカーなどの人気を集めているようです。

英語力という特殊な技能が必要ではありますが、もしも学生時代に英語を重点的に学習して、さらに海外旅行に行くことによって実践的な英会話力を身につけたという人ならその力を活用しない手はありません。塾などの答案から通信講座の課題に至るまで添削対象となるものには様々なものがありますが、その専門性の高さから単価が高いということもあり英文添削の仕事は空きが出るのを待つくらいの高い倍率となっているようです。

自分のペースに合わせて働くことができるこの仕事は、年齢に関わらず長く続けていくことが可能ですし、英語を使い続けることで英会話力を保っていくこともできますから、一石二鳥と言えるのです。

まとめ

英文添削のバイトは、ただ他人の文章を正すということだけでなく自分自身の英語力を確認しながら高めていくこともできる理想的な仕事だと言えそうです。

自らの実力を安売りすることをお勧めするわけではありませんが、英語の勉強を続けながら収入につなげることができるのですから多少のことには目をつぶって、まずは挑戦してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする