英文添削の定額サービスってどんなもの?

英会話スクールや塾で英語力を鍛えるのも良いですが、オンラインで自分の英文の良さを生かしながら英会話も身につく英文添削サービスが人気上昇中です。受験対策に、ビジネス文書の添削を定額で利用できます。英文添削講座でどんなことができるのか、定額で学ぶメリットは?受講費用を安くできる方法が見つかるかもしれません。実際に受講している人の話を交えながらベストな英文添削サービスの利用の仕方について探ってみましょう。

自分でカスタマイズできる英文添削サービスとは?

自由な英語の勉強法をご存知ですか?パッと頭に浮かぶ英語のテキストの定型文で勉強、ヒアリング、英会話スクールのようにどこかへ出向くスタイルの勉強法は一旦頭の外へ置いてしまいましょう。最近注目されている新しい英語の勉強法が英文添削サービスです。ビジネス文書や論文といった英文を添削するだけじゃないのです。疑問点や質問にも答えてくれますが、英文添削に加えてなぜその英文にしたのかという解説付き、英文のマナー、仕事で生かせるビジネス英語からエッセイのような英文の表現力を求めるものまでコースや講師陣を自由に選択する講座が定額制で受講できるのです。

1つめは、決まった料金を支払い、一定の期間内で決められた回数の添削が受けられるコースです。一日一回の入稿としているところで、一回分の単語数の上限が決まっています。上限を超えた分は2回分としてカウントされます。一日一回の入稿で単語数の制限がなければ、エッセイや論文等の長文を書いていて、単語数が多い人が利用しやすいプランになるでしょう。

次は同じ定額制でも受講できる期間と回数が決まっていてチケット制になっているものです。チケットの枚数を選んで購入し期間は無期限という講座もあります。一枚につき、単語数の上限が設定されています。短期集中で勉強したい、自由にスケジュールを組みたい人向けです。講座側で用意されている課題を選んで勉強することもできますし、仕事で必要な文書の英文添削をお願いできるので用途が広いサービス内容になっています。

3つめは定額料金を支払い、ポイントで添削を依頼するやり方です。単語数と比例してポイントを消費するシステムです。ポイントには有効期限があり、半年から一年の間に消費するようになっています。ポイントが不足したら、その場で追加購入ができます。

最後に単語数の定額制です。1単語で金額が決まっています。金額を上乗せすると、無期限または一年間の再校正サービス保証がついています。納期の期限が利用者側で選択、指定できるのでビジネス上の文書で確実な文面を求める人に向いています。

上記に挙げた講座は一例です。「英文添削」、「定額制」で調べると各講座で特徴があります。自由度が高い分、スケジュールの自己管理がしっかりできる人でないと続かないという厳しい面もあります。どれもオンラインの特徴を最大限に生かした講座で、端末があればどこでも勉強できます。自分の目的に合わせて上手に選びましょう。

定額制で英文を学ぶメリットとは

本来の通学スタイルの塾と同じで、英文添削講座も定額制です。定額制の一番のメリットはオプションで追加しない限り、支払った金額の中で自由にカスタマイズできるところです。時間に余裕があるときは、講座で用意されている課題に取り組んでみようとか、次回は頑張って自作した英文を提出して添削してもらう等メリハリがつけられます。塾やスクールでは決まった内容や課題を消化していくスタイルですが、自分のペースでスキルアップしていけます。もちろん英文添削にも一定の期間で決まった課題に取り組む講座があります。計画を立てるのが苦手な人や与えられた課題をこなすほうが得意な人には、全コースがパックになったサービスがあり取り組みやすいと思います。

定額制にはまとめて大きな金額を支払う分の割引サービスを提供している講座が多いようです。毎月支払う一回分より、一括のほうが一回分の費用がかなりお得になります。最近の進学塾等の短期合宿費用が10万円単位でかかるところを講座費用だけを見ると同じ位でしょうか。通学スタイルの場合、交通の費用がかかります。学生や社会人を問わず時間や場所を自由に選択できるメリットを考えればオンライン講座が割安だということになります。定期的に英文を作成し、受験対策の一環として英文添削を利用するなら決まった回数の利用ができるパックプランが、無駄がなくておすすめです。

オンライン上でやり取りするので端末さえあれば、勉強する場所を問いません。英会話とは違い、何を間違えたのか、どんな英文を書いていたのか、ビフォーアフターがいつでも見直せます。テキストやプリントがどっさりあって持ち歩くこともないですし、誰に気づかれることなく仕事の休み時間を利用して復習ができます。通勤、通学の時間を利用して動画を観ることも可能です。昼間に復習をして、夜は自宅でじっくり課題に取り組んで英文を作成するといった習慣が身につきます。

ベストな英文添削サービスの利用の仕方とは?

さて、英文添削の定額制に注目してきましたが、内容を見るうちに講座の仕組みに慣れた人がコースや課題をうまく組み合わせて受講しているのに気づきました。オンラインでいつでも始められる講座ですが、何度も英文添削サービスを利用しているリピーターが多いのです。講師との相性があり、そんなに続くものなのかと不思議になります。よく見ると、講師の解説なしで添削だけというコースがあります。仕事上の文書で急ぎのときは添削だけで済ませる場合も当然あるので利用者にとっては時間短縮になる便利なサービスです。

課題コースを受講しながら自作の英文を提出できるコースをうまく組み合わせて添削を受けるやり方がいい人、日記やコラム等を英文で書いて毎日一回提出するほうが習慣になっていいと選ぶ人もいるでしょう。短期集中か長期を選ぶかは、あなたの意思次第です。

インターネット上のやり取りといえば、相手の顔が見えないのが特徴で当たり前でした。最近では講師の顔が見える講座が増えましたが、名前や経歴だけを公開しているところがあります。通学制スクールと同じで担当する講師との相性で続けられるかが決まります。講師を選択できるのはサービスの一つです。合わないと思ったときは素直に交代をお願いして続けやすい環境を整えることが大事です。

日ごろ英文を書いていて、自分の英語力がどのレベルなのかを正確に知っている人がどれほどいるでしょうか。日本語でも正確に使いこなせる人の数は少ないといいます。講座のコースを選ぶときに、事前に自作の英文を見てくれるサービスがあります。事前見積もりの案内があり、単語数で料金が決まる講座は具体的な費用が添削前にわかります。あまり費用が出せない人や予算内で収めたい人におすすめです。ほかにも定額制になっている講座では、単語数の制限はありますが無料添削でお試しができます。

塾や英会話スクールで自分のスタイルに合う、合わないがあるように英文添削講座も同じことがいえます。一期一会の出会いがみなさんの英語ライフを大きく変えてくれるのは間違いなさそうです。

まとめ

通訳なしで英会話できる姿は誰が見てもカッコ良く映ります。周囲に知られずにいつでも英語力が身につけられる定額制の英文添削サービスがおすすめです。定額の良いところは、一度支払えばオプション等余分な費用を考えなくて済む部分です。予算内で自由に課題やコースがカスタマイズでき、仕事で英文添削だけが必要になっても短時間で対応してもらえるので組み合わせて利用している人、リピーターが多いサービスでもあります。サービス内容の自由度が高い分、自分でしっかりスケジュール管理をしないと難しい部分があります。端末があればどこでも勉強できるメリットを生かして、英語力アップを目指しましょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。