オンライン英会話を使った英文添削は使える?

今や日本でも当たり前に普及しているインターネット。それにより実に様々なことができるようになりました。通わなければ勉強できなかった外国人講師による英会話も、当たり前にオンライン英会話として成り立っています。オンライン英会話といえば、テキストに沿って決まった時間を使い、講師と英会話を勉強すると思いがちですが、英文添削がお願いできる場合もあります。会話力だけでなく文章力までスキルアップできるチャンスです。

オンライン英会話を使った英文添削の例

例えば留学を目指してオンラインで英会話の基礎力を磨いていたとして、現地での書類による手続きは当たり前のことですが英語になります。基礎的な語学力があったとしても書類というのは読み方にも書き方にも注意が必要です。そんなときにオンライン上でお世話になっている講師に自分で記入した書類を添削してもらえれば、提出時にも不備がなく、勉強にもなり一石二鳥です。

またビジネスにおいても海外向けに送るメールなどは意味が通じないと大変なことになってしまう場合も想定されます。どうしても英語圏現地での経験がないと文章というものはうまく書けないものですが、添削をしてもらうことによってコツをつかめればビジネスに役立てられます。英会話と文章を別物として考えるならば、オンライン英会話ではその両方を学べるというわけです。

英文添削を依頼するときの注意点

現在何かしらのオンライン英会話を利用している場合、そのどの会社も英文添削をサービスとして実施しているわけではありません。英文添削を利用しようと思っても、その会社が実施していないパターンもありますので事前に確認が必要です。

また入学書類など決まったフォームのものなどならそうそう大きな間違いも起こりませんが、ビジネスレターなどある程度専門的な文章の添削を頼む場合はどうしてもお願いする講師の経験値によって内容に差が出てしまいます。自分が添削してほしい内容に合った講師の方を見つけておく必要があります。

学生向けのクラスを主に展開している会社の場合、どうしても講師の知識が学生のテスト対策などに強くなっている傾向がありますので、各会社のサービス内容を見直してから申し込むというのもいいかもしれません。

おすすめのオンライン英会話添削

ここで英会話添削サービスを行っている会社を2つご紹介します。まずひとつめは「書いて、話す」をモットーとする「Best Teacher(ベストティーチャー)」です。こちらでは講師との会話で英語を学ぶ時間の前に「Writingレッスン」といって、そのやりとりを英語の文章に書いて添削してもらうシステムがあります。シチュエーションも様々に用意されており、趣味や特技に日頃の日記から、ビジネスでのプレゼンテーションまでとても幅広く対応しています。

日常会話、ビジネス会話、どちらにも対応しているのでその状況に応じて選ぶことが可能です。ビジネス英会話に特化した「Bizmates(ビズメイツ)」では4つに分かれたレッスンタイプの中にEメールのライティングや資料の添削依頼ができるクラスがあります。ビジネスに特化した英語を会話でも文章でも学ぶことができます。

まとめ

昔は決まった時間、決まった教室に通って学ぶしかなかった英会話も、インターネットの普及によりかなり気軽に、しかも色々な用途に応じて学べるようになってきました。学生の勉強においても、ビジネスシーンにおいても、使い慣れない英語で作成した文章を、英語を日常的に使う第三者という立場の講師によって添削してもらう英文添削サービスというのは、スキルアップへの近道となります。

気軽に学べるようになったことでますます時短になりました。目的に合った会社のサービスをうまく利用すれば会話も文章もネイティブ並みの対応力を目指せるかもしれません。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。