【いまさら聞けない】文章の構成は英語と日本語どこが違う?

日本語と英語のちがいを知ることは、英語の理解を深めることと共に、日本語の良さを理解することでもあります。英語がどうして世界の共通語と呼ばれているのか、理解するきっかけにもなるでしょう。文章の構造からしてちがうというところで身構えてしまう人もいるかもしれませんが、ちがいを理解することによって自ずと勉強法も見えてきます。

日本語は感性の言語!?日本語の構成の特徴

日本語の特徴として、主語を省略しても意味が伝わるという点があります。

例えば、夫婦の食卓において醤油をとってほしいときに「醤油とって」と言えば意味が伝わりますが、英語で話す場合には必ず主語が必要になってきます。日本語では主語と目的語を省略したとしてもある程度の意味はとおりますが、英語では誰がなにをするか、ということを常に考える必要があります。

さらに、日本語では語順を変えても意味が伝わりますが、英語では語順を変えるとまったく違う意味で伝わってしまうことがあります。例えば、「太郎はマリーが好きだ」という文は「Taro likes Mary」と英訳することができます。これを「マリーを太郎は好きだ」と変えても日本語では意味が伝わりますが、英語で太郎とマリーを入れ替えてしまうと意味が伝わらない文章になってしまいます。

日本語を日頃使っていると実感があまりないかもしれませんが、日本語は感性で表現する曖昧な言語という印象を抱いている外国人が多くいるのです。

英語は論理の言語!?英語の構成の特徴

日本語が感性の言語の傾向にある一方で、英語は論理の言語とも言われています。日本語は語順を変えても伝わる言語のためあまり気にされませんが、英語において語順はとても重要です。まず英語を勉強する際に身につけておきたいのが、基本の第5文型です。

第1文型がSV、第2文型がSVC、第3文型がSVO、第4文型がSVOO、第5文型がSVOCとなっており、それぞれSが主語、Vが動詞、Cが補語、Oが目的語となっています。英語の文章構成においては、この5文型がとても重要になっており、この形を崩してしまうだけで、意味が伝わらなかったり、まったく違う意味で理解されたりと誤解を生んでしまう可能性があります。

日本語は主語と目的語をある程度省略しても伝わる言語であるので、意味を伝えるときに主語や目的語を考えていない場合が多いです。例えば「外に出かけてくる」ということを言うとき、日本語では主語を省略しますが、英語では誰が外に出かけるのか、ということを文に入れる必要があり、「I am about to go out」となります。英語で表現する場合は「誰がなにをするのか」を意識して考える必要があるのです。

英語を覚えるために必要なことは?

英単語を覚えようとしても、次の日には忘れてしまっている、一週間前に覚えたことが思い出せなくなっている、といったようなことで、躓いてしまっている方も多いのではないでしょうか。

英語や言語を勉強するにあたって、まずCDなどを聞く場合には、CDの音声を聞いてから、自分で声に出していく練習をしましょう。人は自分が発音できない音を記憶しておくことが難しいので、単語や表現は声に出し、音として覚えておくということも重要です。

声に出すことによって前頭葉が刺激されますので、より記憶力が向上するという効果もあります。また、自分のレベルに見合った単語帳を選ぶことも覚えやすさに関係してきますので、単語帳選びなども慎重になっていきましょう。

まとめ

日本語が漢字などの組み合わせによってその文字の意味がなんとなくわかる一方で、英語のアルファベットを見たとしても英単語を理解できることはほとんどありません。文章の構成一つとっても、動詞が先に来るか来ないかなど、日本語の考え方と真逆といっても良いほどちがいがありますが、だからこそインプットしやすいとポジティブに考えることもできます。

日本語と英語のちがいをいっそ楽しんでみたほうが、勉強に興味がわき、英語を勉強することがもっと楽しくなっていくかもしれません。英語を勉強していき、日本語とのちがいを楽しむということは、文化のちがいを超えて理解していくことの大切さを学ぶことでもあります。

この記事をシェアする