ビジネス英作文を上達させるためのコツとは

忙しい合間をぬって英会話に通っている方は、短時間で効果的に英語を勉強をしていく必要があります。ビジネスとプライベートでは使う英語も少しちがってきますので、勉強も工夫が必要です。もちろん基礎が必要なのはビジネスでもプライベートだとしても変わりませんので、基礎を効率的に学び、その上でビジネスにふさわしい表現であったり、頻出する英単語を覚えるなどしていきましょう。

日本語から英語の変換を捨てよう

英語のライティングを考える際に、まず頭のなかで日本語に変換してから英語を書いているという人もいるのではないでしょうか。実は英語脳を作る上で、このやり方は少しずつでもいいのでやめていったほうが良いと言えます。日本語と英語の文法がまったくちがうという観点から見ても、日本語を最初に頭に思い浮かべるのは、英語を上達させる上で遠回りしている感覚に近くなります。

なぜなら、日本語と英語の文法は構造からしてまったくちがうため、英語脳を作ってしまうほうが、自然でスムーズな会話やライティングができるようになります。そのためには、英会話などでは、こういうときにはこういうことを言う、といったようなイメージトレーニングが大切になってきますので、日々の勉強で咄嗟に英語が出てくるように訓練しておくことも一つの英語上達の方法です。

英作文ではなく英借文で英語に慣れよう

英作文をしているときにつまずきやすいのが、表現の仕方の問題です。日本語圏と英語圏は文化がちがうため、日本語の考え方から英語を使おうとすると、ネイティブでは使わないような表現になってしまうことがあります。そこで効果的なのが英借文をする方法です。

簡単に言うと、ネイティブが書いた表現を借りて、自分の文として使うということです。日本人らしい文章というのは、英語圏の人から見れば伝わりにくいという場合が多いため、まず英借文からはじめ、伝わりやすい文を書くことを意識していきましょう。

この学習法の注意点として、ちゃんと英文法を理解してから勉強するということです。英文法を理解しないまま英借文を利用したとしても、ちぐはぐな文章になってしまい、結果的に自分のものとして使えなくなってしまいます。日本語と英語の考え方の差異を理解していくことは、よりネイティブに近づくことができます。

英作文に自信がなかったら、英文添削サービスを使おう

スピーキングやリーディングは自分である程度上達度がわかるものですが、ライティングは自分一人の学習ですと成果がなかなかわかりづらい部分もあります。文法が合っているか、スペルミスがないかなどは、自分が書いていると思い込みもありますので気付きにくいです。そこで利用しておきたいのが英文添削サービスです。はじめのうちは無料の英文添削ツールを使ってみて、自分の文章がどれだけのものかを知ってみることも、勉強の到達度を知るために良い方法だと言えます。

有料の英文添削サービスになりますと、スペルミスなどはもちろん、文章構成の仕方やより良い表現の提案や言い換えなどを長年の校正経験をもとにアドバイスしてもらえますので、ライティングの基礎が固まってきた際に利用してみることもおすすめします。

まとめ

英作文において必要なことは、多くの良質な文章をインプットしていくことです。本や雑誌などで学ぶという方法もありますが、参考書を買うことも効率的な勉強のためには必要なことかと思います。一冊の参考書をやりきるだけでも、自信につながっていきます。多くの勉強法を試すということも必要ですが、一定のレベルまではどの勉強法であってもそこまで差がでるということはありません。自分の決めた勉強法や参考書を使って、着実に勉強していくことが大切です。

この記事をシェアする